音楽家の愛読書

 音楽家にインタビューをしたり、プライベートな場で親しく話をすることがある。相手が読書好きと分かると決まって愛読書を訊ねることにしているのだが、その本を読んでいないか、随分昔読んでよく覚えていない場合、どうしても読まずにはいられない。

 こうして読んだ本や作家は、その後もその人と分かちがたく結びついている。ロシアのピアニスト、メルニコフとゴーゴリの『死せる魂』、ドイツのフォルテピアノ、チェンバロ奏者(時々モダンのピアノも弾く)シュタイアーとトーマス・ベルンハルト、モリエールの『タルチュフ』の序文(!)などなど。もちろん、再会の折にはその本について話をする楽しみもある。

 昨年9月にシギスヴァルト・クイケンと話をしていて、チベット仏教の本の話題になったのは驚きだった。なんでも瞑想(かれらはザゼンと言う)するようになって、人生観や音楽観が変わったし、バッハの教会カンタータのテクストもより深く理解できるようになった。きっかけは奥さんのマルレーン(ヴィオラ奏者)が人の生死について悩んでいたところ、チベットの僧侶でヨーロッパに住んでいるリンプチェの『生と死について』の本を読んだのだという(インタビューの全文は古楽情報誌『アントレ』2014年1月号に掲載されています)。ところが会話はドイツ語なので、日本での表記や邦題が分からない。外国人と外国語で本の話をするときにしばしば起こる問題だ。友人の尼さんのKさんに尋ねたら、それはソギャール・リンポチェのことではないかという。ネットで調べると、『チベットの生と死の書』(講談社+α文庫)という本があった。さっそく読んで、今では僕も毎朝、瞑想をしている。いつまで続くかな。






by Musentanz | 2014-02-28 20:29 | 文学


コンサート、美術に映画に読書~音楽評論家那須田務の音楽を中心としたエッセイ


by Musentanz

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
古楽
コンサート他
美術
コンサート
映画
その他
文学
音楽
未分類

以前の記事

2018年 01月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 10月
2016年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

(9)
(8)
(7)
(6)
(6)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)

その他のジャンル

最新の記事

古楽エッセイ
at 2018-01-06 10:57
原善伸「鳥が飛ぶ」佐藤弘和作品集
at 2017-03-14 10:43
ジャン・ロンドー&Never..
at 2017-02-12 14:25
NHKラジオ「すっぴん!」に..
at 2017-02-10 17:34
コンサートの秋ーチャイコフス..
at 2016-10-17 11:05
コンサートの秋~小菅優
at 2016-10-16 13:54
読売日本交響楽団第192回土..
at 2016-10-09 18:19
フェルッチョ・フルラネットの..
at 2016-10-08 21:05
「ヴェネツィア・ルネサンスの..
at 2016-10-07 01:01
コープマン&ABO来日公演
at 2016-10-04 14:28
コープマンにインタビュー
at 2016-09-08 17:02
広島交響楽団「平和の夕べ」サ..
at 2015-08-12 15:35
バードピープル
at 2015-08-10 17:07
ローレル&読響
at 2015-08-07 09:08
コンサート&コンサートの続き
at 2015-08-06 15:01
芸劇フェスティバル:クラシカ..
at 2015-07-23 16:47
コンサート&コンサート
at 2015-07-18 08:57
ロシア・ナショナル管弦楽団
at 2015-07-14 10:39
映画『フリーダ・カーロの遺品..
at 2015-07-10 22:43
ヴェーバージンケさんのこと、..
at 2015-07-09 12:24

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

音楽
ライター

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31